このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 20代でもハゲる?!抜け毛が増える最大の原因と主な対策方法を紹介

20代でもハゲる?!抜け毛が増える最大の原因と主な対策方法を紹介

134view

2019.07.03

最大の抜け毛原因「AGA」について

 

AGAとは

AGA(男性型脱毛症)は、成人男性(20代〜60代)の抜け毛原因のおよそ9割を占めている症状です。

主にAGAの症状を引き起こす原因であるジヒドロテストステロンは、体内に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きで生成されます。

そして体内に存在する5αリダクターゼの量は遺伝によって大きく左右されるため、基本的にAGAは遺伝が原因で発症するといえるでしょう。

AGAの症状について

AGAを引き起こす原因であるジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種であり、体内に存在するテストステロンが5αリダクターゼの影響によって変異することによって誕生します。

そのため、AGAは男性ホルモンの分泌量が増加する思春期以降から発症する可能性があり、早ければ20代からAGAによる抜け毛が増え始めます。

発症すると前髪の生え際が後退したり、頭頂部の抜け毛が増えるといった症状が現れます。

そしてAGAが原因で頭皮の毛根が死滅すると発毛が困難になるため、AGAの発症後はできるだけ早く治療を開始する必要があります。

主な対策方法について

 

AGA治療薬を使用する

AGA治療には主に以下の成分を含んだ育毛剤が使用されています。

フィナステリド

フィナステリドは5αリダクターゼの働きを妨げることで、間接的にAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの量を減らす効果を持つ成分です。

そのためAGAによる抜け毛を防いで、髪の毛の正常な成長をサポートします。

ただし、これを使用することで、男性機能低下やうつ症状などの副作用を発症するリスクもあります。

ミノキシジル

ミノキシジルは髪の毛の成長に必要な各種栄養分や酸素を供給するための血管、髪の毛の元である毛母細胞などを増やすことで発毛を促す成分です。

そのためAGA治療を行う病院やクリニックでは、フィナステリドによってAGAの進行を止めて、ミノキシジルによって髪の毛を増やすという形でAGA治療を行っています。ただし、多毛症や目眩といった副作用が現れる場合があります。

M-034

抜け毛の原因となる頭皮の炎症を緩和したり、頭皮の血行を促進することで髪の毛の成長をサポートする効果を発揮する成分です。

さらにAGAを引き起こす原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制する作用を持つため、AGAによる抜け毛予防や症状の改善に役立ちます。

また自然由来の成分のため、基本的に副作用を発症することはありません。

生活習慣を改善する

AGAは遺伝性の症状のため、生活習慣の改善では治療できません。

しかし生活習慣の改善によって症状の進行を抑制したり、発症リスクを下げる効果は得られます。

主な方法は以下の通りです。

育毛シャンプーを使う

一般家庭で使用している市販の安いシャンプーには、頭皮のバリア機能を低下させる原因となる石油系界面活性剤という成分が含まれています。

そのため、抜け毛予防やAGA発症後の治療のためには、育毛に役立つ様々な成分や頭皮バリアを傷つけないアミノ酸系界面活性剤が含まれている育毛シャンプーを使用することが大切です。

頭皮マッサージ

育毛剤には抜け毛予防に役立つ様々な成分が含まれていますが、頭皮の血行が悪化すると、それらの成分が髪の毛までスムーズに届かずに効果が半減します。

AGA治療薬に含まれている成分も同様のため、頭皮の血行悪化はAGAの症状を悪化させたり、治療を妨げる原因となるのです。

しかし、頭皮を傷つけないように柔らかい指の腹を使って頭皮マッサージを行うことで、頭皮の血行を改善できます。

また、頭皮マッサージによって毛穴に詰まったフケや皮脂などを掻き出せるため、頭皮に塗布する外用薬タイプの育毛剤の効果が高まります。

軽い運動をする

ジョギングやウォーキングといった軽い運動を習慣的に行うことで、体内の血行を促進できます。

それにより髪の毛の成長に必要な各種栄養分や、AGAの治療成分がスムーズに髪の毛まで供給されるため、AGAの治療効果をアップできます。

また、軽い運動をすることでAGAを発症させたり、症状を悪化させる原因であるジヒドロテストステロンが体外に排出されるため、AGAが原因の抜け毛予防やAGAの症状緩和に役立つ効果を得られます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る