このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 男性用育毛剤とは?育毛剤と男性ホルモンの関係についても

男性用育毛剤とは?育毛剤と男性ホルモンの関係についても

65view

2019.09.18

抜け毛やハゲ対策をするときは、どんなヘアケア商品がいいのかに興味が向きがちですが、自分に適した商品を選ぶために育毛剤について基礎知識を知っておく必要があります。

そこで今回は、

・男性育毛剤について

・育毛剤と男性ホルモンの関係

・育毛剤の成分について

まとめてみました!

 

 

男性用育毛剤とは

育毛剤には、男性用/男女兼用/女性専用のタイプがあります。男性用育毛剤は、血管拡張剤として開発された医薬品の成分であるミノキシジルを配合した商品が多いです。男性と女性では薄げになる原因が異なるため、タイプが分けられています。

 

男性にはげが多いのは男性ホルモンの影響と言われています。 男性ホルモンが多くなると、薄毛になる傾向が強くなるのです。 

男性と女性では抜け毛の原因が違っているのです。 そのため男性用と表記されています。 男性ホルモンの分泌によって抜け毛が発生することはよく知られています。 そのため男性だけにはげの人がいるのです。 男性ホルモンは男性にはありますが、すべての人が抜け毛になるわけではありません。

あなたが男性であれば、おすすめの男性用育毛剤を使用することがいいでしょう。 奥さんが女性用を使用してそれをあなたが使っても効果的ではない可能性が高いです。

育毛剤を選ぶ時に、比較サイトを参考にすることもいいのですが、実際には判断に迷ってしまいます。 即効性が期待できるわけではありませんから、気長に試してみることが大切です。 頭皮に適度な刺激を与えることで血行を良くすることができます。 頭皮だけではなく、体全体の血行が良ければ抜け毛は少ないと考えていいのです。 おすすめは最近注目されている無添加の育毛剤です。 不要な成分を含みませんから、さらに効果があるのです。 傷んだ頭皮を改善すれば、その内部にある毛根は活発化します。 抜け毛は誰でもあるのですが、その後から毛が生えてくるかどうかが薄毛の違いになります。

 

 

育毛剤を購入する前に成分をチェックしよう!

男性用育毛剤の効果を知るためには成分をチェックすることが一番です。

血行を促進する成分を見ていきましょう

塩化カルプロニウム、セファランチン、センブリエキス、ニコチン酸ベンジル、ニンジンエキス、ビタミンEなどです。

塩化カルプロニウムは血管拡張作用を持つ医薬品として使用されているものです。 この成分があると医薬品として認められることになります。 セファランチンも毛細血管の拡張作用があります。 一般に抜け毛対策として血管の拡張や血行促進があります。 つまり、抜け毛になる男性の多くは頭皮の血行が悪いのです。

もちろん、体全体の血行もよくない傾向にあるでしょう。 健康的な生活をすることで抜け毛が改善される可能性も高いのです。

センブリエキスは植物から採ったエキスですが、皮膚の毛細血管に作用します。 皮膚の代謝を高めることで発毛促進ができるのです。 毛母細胞を活性化させる成分としてはチクセツニンジン、ビチオン、ベンタデカン酸クリセリドなどがあります。 滋養強壮、細胞の活性化などの効果があります。 細胞に栄養を与えて、発毛を促進するのです。

この他にもいろいろな成分がありますが、最近のおすすめの育毛剤には不要な成分を含まないものが多くなりました。 いわゆる無添加の商品です。

 

 

育毛剤と男性ホルモンの関係

育毛剤と男性ホルモンは密接な関係があります。 これは男性ホルモンの影響によって、薄毛が発生すると考えられているからです。

もちろん、ホルモンだけが原因ではありませんが、男性ホルモンを抑制することによって発毛促進の効果があることは事実です。 おすすめの育毛剤の多くが男性ホルモンを抑制する成分を配合しています。

ほとんどすべての育毛剤には何らかの男性ホルモン抑制作用があります。 ただ、この効果だけで育毛が実現できるわけではありません。 男性のすべてが薄毛に悩んでいるわけではないからです。 男性的な人でも豊かな髪の毛を持っている人はたくさんいます。 女性の薄毛と男性の薄毛には違う性質があります。 これが男性ホルモンの影響と考えられているのです。 育毛剤を選ぶのにかなり悩んでいる男性は多いのですが、まずは試してみることから始めてはどうでしょうか。 どんなにおすすめの商品と言われていても、自分の頭皮に適しているかはわからないのです。 体質が違うと育毛剤の効果も変わってきます。 もちろん、薄毛の原因も違うのです。 男性ホルモンを抑制することで、抜け毛を防ぐことができたとしても、筋肉などの発達にも関係しています。 したがって、単純に男性ホルモンが体内で働かないようにするのではなく、抜け毛の要因となる体内の成分との結びつきを遮ることが重要になります。

 

 

 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る