このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 20代からの抜け毛予防!抜け毛対策と気になる育毛効果

20代からの抜け毛予防!抜け毛対策と気になる育毛効果

42view

2019.09.02

みなさんは、何歳頃から抜け毛や薄毛にたいして気になり始めましたか?私は、20代後半から気になっていたのですが、実際に育毛シャンプーや育毛剤を使い始めたのは30代に突入してからでした。今思うことはもっと早いうち、20代から対策をとっていたら良かったなぁということです。

 

そこで今回は、20代からの抜け毛予防と題して抜け毛の原因や対策、育毛サイクルについてまとめてみました!

 

抜け毛の原因と対策

20代の抜け毛や薄毛の原因は何なのでしょうか??

 

男性型脱毛症

20代の抜け毛や薄毛の原因として考えられるのが、男性型脱毛症のAGAです。

これは男性ホルモンが脱毛物質であるジヒドロテストステロンに変化することによって、髪の毛の成長に悪影響を与えることで薄毛になります。

育毛サイクルが乱れてしまうことで髪の毛が生えにくくなり、そのまま薄毛が進行してしまうのです。

おでこや頭頂部から抜け毛が酷くなりますが、20代の若い人もAGAになるので注意が必要です。

男性型の薄毛は遺伝することが多いですが、しっかりと抜け毛予防をすることによって、育毛サイクルを復活させることもできます。

 

 

頭皮環境の改善

抜け毛が気になってきた時には、頭皮環境の改善を行いましょう。

毎日シャンプーでしっかり頭皮を洗っていても、洗い方によっては皮脂や汚れが残ることもあります。シャンプーの洗浄力が強いと、逆に頭皮環境が悪くなりやすいので注意しましょう。

髪の毛が生えてくる育毛サイクルは、頭皮の環境が良くなければ正しいサイクルで生えにくくなります。抜け毛予防としては頭皮の環境を良くするために、アミノ酸系の育毛シャンプーを使用することがおすすめです。

 

洗浄力の強いシャンプーではなく、地肌や髪に優しいアミノ酸系シャンプーが安心できます。市販では、ミノン薬用ヘアシャンプーやコーセージュレームがアミノ酸系シャンプーに分類されます。

 

アマゾンのミノン薬用ヘアシャンプーやコーセージュレームの素材を貼る

 

頭皮の環境を改善するためにも、今までとは違った育毛シャンプーを使用するのもいいでしょう。頭皮の環境は洗い過ぎによっても悪くなってしまうので、適度な皮脂を残しつつ汚れを洗い落とすには、育毛シャンプーを使用することをおすすめします。

 

 

育毛剤の使用

抜け毛対策として育毛剤を使用するのはおすすめです。育毛剤は髪の毛の育毛サイクルを良くするために、頭皮環境を改善する効果が期待できます。

20代で薄毛に悩んでいる人の中には、頭皮の血行が悪いことが薄毛の原因となっている可能性もあります。本来の育毛サイクルができる環境にすることで、髪の毛が生えてくる可能性が出てきます。

育毛剤は栄養成分によって頭皮の血行促進を促す効果が期待できるので、頭皮環境を改善して髪の毛の栄養を与える役割を担ってくれます。

 

 

 

育毛サイクルの改善方法

育毛剤や育毛シャンプーでヘアケアも大切ですが、食生活や生活サイクルを見直すことが長い目で見てハゲ対策となってきます(^^)

 

食生活の改善

薄毛を改善するためには食生活の改善は欠かせません。育毛に良い栄養成分を摂取することによって、髪の育毛に効果を発揮してくれるはずです。

髪の毛に良い成分としては、ビタミン、ミネラル、タンパク質は健康的な髪の毛の生成には不可欠です。ビタミンやミネラルが不足すると、髪の毛がパサついてくることがありますが、これは髪の毛にしっかりと栄養が行き渡っていない証拠です。

髪の毛が健康的に生えてくるには、食生活を改善してしっかりと栄養を摂取することも大切です。

 

 

血行促進

育毛サイクルの改善には頭皮の血行促進が大切です。そのためには頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行を自分で改善させる効果が期待できます。

シャンプーをする時に指の腹を使って、頭皮をマッサージしながら洗います。シャンプーで頭を洗う時は、髪の毛の表面ではなく頭皮を洗うことが大切です。

指の腹を使って汚れを落とすこともできれば、マッサージ効果もあるので一石二鳥です。血行促進されれば髪の毛にも十分な栄養素が行き渡るので、健康的な育毛サイクルによって髪の毛を生やすことができます。

 

 

発毛剤の使用

20代で薄毛に悩んでいる人にとって、育毛剤と同じように発毛剤もおすすめできます。医薬品の発毛剤は新しい髪の毛を生やすことが目的なので、発毛に効果的な成分が入っています。

ミノキシジルは血行促進を促し、フィナステリドはAGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を防ぎます。脱毛物質の生成を防いで新たな髪の毛を生やす効果が期待できるので、髪の毛を増やすことができるのです。

しかし注意点としては血圧低下や性欲減退などの副作用があります。医薬品として強い効果が期待できる分、副作用が出る可能性もあるので注意しましょう。

 

⇒日本で唯一の発毛剤リアップの特長は?デメリット副作用も

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る