このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 育毛剤 20代の育毛ケアに強い薬は必要?頭皮環境を整えることを考えよう

20代の育毛ケアに強い薬は必要?頭皮環境を整えることを考えよう

117view

2018.01.24

20代の育毛ケアはスタートダッシュが大事

20代男性が発症する薄毛の原因で多いものとは

薄毛は若いかたも例外なく発症するものです。若い男性でも抜け毛に悩まされ、気がついたら髪の毛のボリュームが減ってヘアスタイルが決まらなくなってくるというケースは珍しくありません。

男性の場合薄毛の原因で第一に考えられるのが男性型脱毛症のAGAですが。しかし、20代男性がAGAと診断される率は1割にも満たないほどです。

もちろん0ではないため油断はできませんし、心配であればクリニックで診察を受けることをおすすめします。ですが、20代で抜け毛の量や薄毛が気になっている場合、その原因で考えられるのは生活習慣によるものが大きいのです。

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 間違ったシャンプー方法
  • オシャレのためのパーマや染髪

頭皮や髪の毛の状態に違和感を覚えた段階で早めに正しいヘアケアを行っていれば、代謝が活発な若いかたなら薄毛の進行を食い止めて改善していきやすくなります。

その後30代40代と抜け毛予防に努めていけば、中年以降薄毛に悩まされる可能性を下げられるのです。

若いかたの育毛ケアは、頭皮環境を整えていく意識を持つことを中心に進めていくことが大切になります。

薬を使った治療の必要性について

薄毛になったからといって、必ずしも薬を使ったケアが必要であるとは限りません。

AGAと診断された場合には医師に処方された適切な薬を利用し治療を受けなければ進行を食い止めることは難しくなりますが、20代に多いAGA以外の頭皮環境の悪化による薄毛の場合には、副作用の心配をしてまで刺激の強い薬を利用するのはリスクが大きすぎます。

育毛剤にはいろいろな種類があり、配合されている成分も多種多様です。まずは自身の薄毛の原因を分析し、生活習慣を改めつつ、それを改善させるための成分が配合された育毛剤を利用してケアしていくことをおすすめします。

若い頭皮は正しいケアを行うことで細胞が生まれ変わり、丈夫な髪の毛を育てられる可能性が高いのです。だからこそスタートダッシュが重要になります。

AGAの特徴として、生え際と頭頂部が薄毛になるというものがあります。

部分的に禿げてしまっている場合には一度診察を受けたほうが賢明です。

しかし、そうした症状がなく、髪の毛全体のボリュームが少なくなっていたり、ハリやコシの衰えが気になる場合などにはAGA以外の原因を疑い、改善方法を考えていくようにしましょう。

20代男性の育毛剤選びの注意点

まずは頭皮環境を整えることを考えていく

薄毛に驚いてよく効く育毛剤を使おうと、海外から個人輸入できる強い薬を利用するというかたも少なくありません。

しかし、副作用のことを考えずに逆に頭皮に刺激を与えてしまうことで、薄毛を悪化させてしまうこともあります。

若いかたであれば、市販の育毛剤でもきちんとケアを行うことで抜け毛予防ができ、状態を改善していけます。

ポイント

①血行を促進させること

②皮脂量をコントロールして頭皮を綺麗にすること

③不足している栄養を補うこと です。

それらをサポートする頭皮に優しい成分を使って対策していけば、育毛サイクルを改善させることに繋がります。そこに強い薬は必要ありません。

使い続けられる価格帯のものを選ぶ

育毛剤は安いものではありません。

高いものほど効きそうですが、大切なのは継続利用であることから、無理のない範囲で購入できる価格帯のものの中から使い心地のいいものを選びましょう。

使われている添加物を確認する

それぞれ自身の薄毛の原因を改善していける成分が入った育毛剤を使うことがポイントです。

・血行不良を疑ってる場合には促進するもの

・ベタつきを感じていれば清潔にする作用のあるもの

しかし一緒に入っている保存料や香料などの添加物を確かめておくことが大切です。

男性向けの育毛剤はスッキリした使用感が好まれていますが、メントールやアルコールが刺激になることも少なくありません。

炎症の原因になることがあるため、できるだけ優しい使用感で、敏感肌のかたでも利用できるように作られているものを選ぶのがおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る