このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 育毛剤 M字ハゲに育毛剤は効く?使って損なし育毛剤のメリット・デメリット

M字ハゲに育毛剤は効く?使って損なし育毛剤のメリット・デメリット

55view

2018.01.24

ついに自分にもM字ハゲの進行が!育毛剤対策は正解?

男性の薄毛の象徴ともいえる「M字ハゲ」!!

「M字ハゲ」という薄毛の症状を少しでも改善させるために、まずは育毛剤でお試しをする人は多いと思います。

ですがその育毛剤は本当に効くのか、買う前からわかって使用する人はまずいません。

日本人の薄毛の9割はAGAによるものが原因とされています。

AGAによる薄毛の症状には様々なタイプがあり、M字ハゲはその初期段階で現れるハゲ方の典型です。

早い人はすでに20代前半から症状が現れ始める人も。そんなM字ハゲに市販の育毛剤は効果があるのでしょうか?

M字ハゲに気付いたら即行動あるのみ!

少しでもM字ハゲの兆候に気付いたらボヤボヤしている暇はありません。

行動力が今後のハゲの動向に大いに作用します。M字ハゲはある程度進行してしまうともはや育毛剤では対処できない場合もあるのです。

そうなるとAGA治療専門クリニックなどでの本格的な治療でなければ効果はのぞめません。

育毛剤を使うことをためらっている方のために育毛剤を使うことで得られるメリット、そしてマイナス面デメリットについて解説しておきましょう。

M字ハゲで育毛剤を使うことのメリットとは

  • M字ハゲによる抜け毛の進行を食い止める(抜け毛予防)
  • 頭皮環境を改善し髪が生えやすい環境作り
  • 副作用の心配がない(個人差あり)
  • AGA(男性型脱毛症)にも効く成分が配合されているためM字ハゲにも十分な効果が期待できる!
  • 精神的に安定する(薄毛進行への恐怖や不安感が払拭される)

M字ハゲの進行が始まったら決して自然治癒することはありません。

確実に進行するのみ!対策を打たない限り食い止めることはできないのです!

すぐにでもAGA専門クリニックへ駆け込める人は別ですが、そうでない場合は育毛剤に頼るのがいちばん安全で正しい判断といえます。

いつになったら改善する?育毛剤を使うことによるデメリット

  • 継続的な使用が義務付けられる(抜け毛予防の根本的な対策ではない/洗い流せば効果は薄れる)
  • 効果を実感するまでに時間がかかる(即効性に欠ける)
  • 確実に効果が得られるとは限らない

育毛剤の使用にはこのようなデメリットもあります。

ですが効果の持続力については頭髪治療全般においていえることで、たとえAGA専門クリニックで治療をしたとしても「植毛」などの根本的な治療以外では、治療をし続けなければ抜け毛の進行は止まりません。

つまり自分がどの程度薄毛の進行に対しての抵抗意識があるか、というのが試される部分でもあるのです。

M字ハゲという薄毛に対抗するためには、ある程度の経済力も必要ということです。

育毛剤の副作用が心配!成分の安全性

育毛剤などの市販薬を使う上でもっとも心配なのが「副作用」です。

育毛剤と一言でいってもその数は様々で、成分には特に気をつけたいところです。

日本国内で唯一第一類医薬品として国に認定されている「リアップ」は、効き目は確かですが副作用のリスクが高いことで知られています。

配合成分のミノキシジルによるもので、軽い症状では「頭皮の発疹・発赤・カユミ・かぶれ・ふけ・頭痛・めまい・胸痛」などですが、重篤な症状になると「血圧低下・心拍数の増加・心筋梗塞」など重い症状へと発展します。

このようなリスクが全くないのが育毛剤です。

ですがやはり個人差というのはどこにでもあるものですので「絶対に副作用の心配はない」と断言することはできません。

しかし20代という若い段階から明らかに確実に副作用が確認されている発毛剤や医薬品を使うことはあまりおすすめできません。

まずは副作用のリスクが限りなく低い「育毛剤」と、頭皮マッサージ、そして薄毛の根本的な原因となる食生活の見直しや生活習慣の改善などから徹底的に修正していくことがもっとも好ましい方法といえるのではないでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る