このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 生活習慣 20代でも気が抜けない!若い人が注意したい抜け毛を増やす生活習慣

20代でも気が抜けない!若い人が注意したい抜け毛を増やす生活習慣

41view

2018.01.24

加齢や遺伝だけが原因ではない20代でも増える抜け毛の理由

薄毛の危険性がアップする不健康な生活習慣

薄毛は加齢や遺伝だけの問題だけではなく、誰もが悩まされる危険性がある症状です。

不規則な生活習慣が原因となって抜け毛を増やし、20代のかたでもあっという間に薄毛になる可能性があります。

また、慌てて対策として育毛剤を使用し始めたとしても、普段不健康な生活を送っていればせっかくの成分をしっかり効かせられなくなってしまうため、薄毛は進行する一方です。

副作用が出た、育毛剤が合わなかったと勘違いして使用を中止すれば、ますます抜け毛も増えていってしまうでしょう。

忙しく過ごしている20代の場合、生活のリズムが崩れてしまっているかたが少なくありません。

若いから大丈夫と安心していると、油断しているうちに改善が難しい状態まで陥ってしまうケースも珍しくないのです。

外食やインスタント食品ばかりの食生活

美味しいものを美味しく食べることは悪いことではありませんが、食生活の乱れは薄毛や抜け毛に繋がります。

若いかたが好んで食べる外食やインスタント食品、また肉類には糖質や脂質が非常に多く、皮脂の分泌が過剰になって毛穴が詰まり、髪の毛の成長を阻害してしまう可能性があるのです。

脂性だという自覚があるかたは特に注意が必要ですが、さらに食事内容によって皮脂の分泌量を増やし、毛穴や頭皮が汚れやすい状態になります。

喫煙の習慣や大量のアルコール摂取量も問題

薄毛や抜け毛の大きな原因の1つが、頭皮の血行不良です。

タバコを吸うと血管が収縮し、毛根に栄養が届きにくくなります。

また適量なら血行促進に役立つアルコールですが、大抵の場合は飲みすぎてしまうものです。

アルコールの分解のために育毛に必要なアミノ酸や亜鉛、ビタミン類を大量に消費してしまいます。

抜け毛の増加と喫煙、飲酒があまり結びつかないというかたは少なくありませんが、間接的に薄毛の原因となる見過ごせない問題です。

解消されない日々のストレス

ストレスで交感神経が活発に働きすぎることで血管が収縮し、頭皮が血行不良となって栄養や血液が行き渡りづらくなって抜け毛が増えてしまいます。

さらにホルモンバランスが崩れたり睡眠不足を招くなど、ストレスは髪の毛にとって負担になることばかりです。

日々仕事などで忙しく過ごしている若いかたは、少なからずストレスを抱えて生きています。

適度に発散して過ごすようにしなければ、薄毛を招きかねません。

健康的な生活を送って抜け毛予防に努めよう

若いからといって過信せず規則正しい生活を心がける

生活習慣に潜む薄毛の原因は、生活習慣の改善で対策が行えます。

多少不規則な生活を送っても体力が持ってしまう分油断しがちですが、若い頃から健康に気をつけた生活を送ることが抜け毛予防に繋がるのです。

  • 栄養バランスの取れた食事を意識する
  • 毎日適度な運動をする習慣を身につける
  • 充分な睡眠時間の確保する
  • 禁煙する
  • 飲酒量の見直しをする

簡単なことですが、抜け毛の量が気になっている時こそ普段の生活を見直すことが大切です。

育毛剤を使ったケアを始めていこう

育毛剤には血行促進、栄養補給、皮脂の分泌量を抑えるといった、生活習慣の乱れが原因で悪化しやすい頭皮環境の改善に効果がある成分が多く配合されています。

生活習慣を見直すのと同時にケアに利用していくと、抜け毛の量も減っていきやすくなるのでおすすめです。

初めて利用する場合には、植物エキスを利用した天然成分がメインに配合されている、敏感肌でも安心して使える育毛剤が副作用の心配もなく使えます。

使い始めてすぐに効果が出るものではありませんが、シャンプー後の習慣に取り入れていけば、徐々に健康的な髪の毛を取り戻していくのに役立てられますので、なるべく症状が軽い段階で使用を開始するようにしてください。

代謝が活発な若いかたであれば、早めのケアで髪の毛の状態を改善しやすくなります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る